【ワードプレス】皆がエックスサーバーをオススメする理由をまとめてみた

レンタルサーバーレンタルサーバー比較

エックスサーバーは、企業サイトを制作しているWEBデザイナーや、プロブロガーからも人気の高いレンタルサーバーです。

※公式サイトはこちら → http://www.xserver.ne.jp/ “"

ワードプレスでホームページやブログを公開する人に共通するのは「より多くの人に見てもらいたい」という点だと思いますが、口コミを調べてみると、
アクセス数の多いサイトを運営している人ほどエックスサーバーに高評価をつけている率が高いような気がしました。

私もエックスサーバーを使い始めて5年以上経ちますが、使い続けるメリットがとても大きいと感じています。

今回は「プロがエックスサーバーをおすすめする理由」について調べてみた結果を、自分の体験談も交えながらご紹介してみようと思います!

エックスサーバーはどんな人達が使ってるの?

エックスサーバーをおすすめしている人達を調べてみると、サイト制作が本業のWEBクリエイター、プログラマー、有名ブロガー、アフィリエイターさんなどが多く、

特に、ワードプレスを本格的に運用するなど、大量のアクセスを集めることができる人に支持されているようです。

レンタルサーバーの種類もたくさんありますが、その人達がなぜエックスサーバーをすすめるのかというと「実際にいろいろサーバーを使ってみたけど、エックスサーバーが一番良かった」という体験談によるものなんですね。

私もweb制作を本業にしているので、これまで多くのレンタルサーバーを使用してきましたが、今はエックスサーバーで落ち着いています。

その理由は、皆さんおっしゃっているように、何と言っても「安定感」「価格とサービスのバランス」の良さなんです!

レンタルサーバーの決め手は「安定・安心・コスト」

サーバーは単に「高いからいい」「安いからダメ」というものではなく、目的や、価格に見合ったサービスを選ぶことが重要ですが、よほど慣れてからじゃ無いと「コレでこの価格なら安い」なんてピンと来ないですよね。

手に取って見れるモノではありませんし、説明ページにも専門用語が並んでいることが多いので、特に初心者の方は「どこがどうちがうのか、さっぱりわからない!」と思われるかもしれません。

そこで具体的に、皆がどのような基準でサーバーを選んでいるのかがわかりやすいよう「エックスサーバーを選ぶメリット」として、まとめてみました。

表示スピードが速い

ワードプレスって高機能だからこそ、動かすのにはとてもパワーが必要です。
サーバーが早くないと、かなり表示が重くなってしまうんですね。

ページの表示に時間がかかる「重いサイト」は、現実世界に置き換えて言うなら「超ゆっくり動く自動ドアを通らないと入れないショップ」みたいな状態です(?)

現実のドアなら開いていくスピードがわかるので10秒くらいは待てるかもしれませんが、インターネットでは表示までに時間がかかると、すぐ“戻るボタン“を押して帰ってしまうと言われています。

この「重さ」は運営者側にとっても問題で、ワードプレスで記事を更新する時に「ボタンを押して少し待たないと動かない」ようであれば、記事を書くのも嫌になってしまいます(困)

そして、ページの表示速度はGoogleもチェックしているポイントなので、ページ読み込みのスピードが著しく遅い場合は、Yahoo!やGoogle検索の表示順位にも影響が出るという話もあります。

より多くの人にスムーズに見てもらえることを考えているなら「スピード」はとっても重要でなのです。

私も、いくつかのサーバーでワードプレスを試してみましたが、体感的にエックスサーバーは速いと感じています。ワードプレスがサクサク動きます♪

稼働率99.9%以上&大量アクセスに耐えられる

ずっと動いているように見えるサーバーですが、メンテナンスや再起動などで、実は知らない間に止まっている時間もあるんです。サーバーが止まっている間は、当然ながらホームページは表示されませんし、場合によってはメールすらストップしてしまう事も。

エックスサーバーは「稼働率も99.9%以上」とサーバーのストップ時間が短いのも特徴です。

そして大事なのが、大量のアクセスに耐えられるかどうかという点。

サーバーによって「転送量」が決まっていて、一定以上の負荷がかかると速度制限がかかるようになっています。エックスサーバーなら最安値プランでも無制限ということになっていますが、目安としては下記のような感じになっています。

最安プランでも月間150万PVくらいのアクセスには耐えられそうです。
※1つのサーバーで複数のサイトを運用する場合は、合計値になるのでご注意ください。

さらに重要なのは、テレビやニュースサイトで紹介されたり、SNSのシェア数が多くなった時など、瞬間的にアクセスが集中しても、サーバーが落ちないかどうかという点です。

たくさん人が来始めたと思ったら、すぐにページがエラーになって見れない状態に・・・これは悲しすぎますよね!

エックスサーバーについて調べていると一番安いプランでも瞬間的な1500人以上のアクセスに耐えられたという実体験レビューもあり、この辺りも有名ブロガーさん達から支持されるポイントになっているようです。

サポートがしっかりしている

困った時に助けてくれる「サポート」がしっかりしているかどうかは、初心者にとっても大事なポイントになります。

エックスサーバーは、分かりやすい“図解つきマニュアル”が用意されているので、これだけで解決できることが多いですが、もし分からないことやトラブルなどがあれば、電話サポートもあります。

メールでのサポートは365日対応していて、24時間以内に返信がいただけます。

夜中に、お問い合わせフォームから質問内容を送信しておくと、翌日には分かりやすい返事をいただけて素早い対応にとても助かっています!

使いやすい管理画面

管理画面はサーバーによって様々で、専門用語とリンク文字が無機質に並んでいるところもあれば、逆に、イラストやバナーがいっぱいの所もありますが、エックスサーバーは、項目ごとに見やすく分類されていて、スッキリ分かりやすい管理画面になっています。

WordPress(ワードプレス)の自動インストール機能もあるので、難しい設定をすることなく、簡単にワードプレスをインストールすることができます。

その他にも、ネットショップ用の「EC-CUBE」、コミュニティサイト用の「XOOPS Cube」、ウィキぺディアみたいなサイトが作れる「PukiWiki」も簡単にインストールすることができます。

バックアップ機能がある

エックスサーバーの管理画面にある、ボタンを1回押すだけで、まるごとバックアップしてくれる機能がとっても便利なんです!

ワードプレスの場合、記事などの文字は“データベース”という場所に保存されるので、バックアップするにはそれなりの知識が必要ですが、エックスサーバーの場合は「MySQLデータベース」も、管理画面から1クリックでダウンロードできるようになっています。

※管理画面>データベース>MySQL設定の「MySQLバックアップ」タブ

ワードプレスのテンプレート・プラグイン・アップロードした画像などは、データベースとは別の場所に保存されているので、別にバックアップしなくてはならないのですが、

エックスサーバーの「バックアップ」機能を使えば、ワードプレス本体・記事内に使った画像まで全て、圧縮ファイルにまとめて一括ダウンロードすることができます。

ワードプレスだけを使用している人ならプラグインを使ってバックアップする方法もありますが、この機能はサーバーをフル活用している人ほど便利さを実感できると思います!

“独自SSL”が無料で利用できる

https:// ではじまるSSLは、データ通信を暗号化するセキュリティ機能です。

サイトの所有者証明という信頼の意味もあるので、ネットショップやお問い合わせフォームなど個人情報をやりとりするサイトはSSLに対応しておくのがオススメ。

独自SSLの利用料金は会社によってかなり違いますが、メジャーなところだと年間2万円以上が一般的で、格安なタイプでも年間数千円かかります。

エックスサーバーなら最安プランでも、独自ドメイン認証型のSSLが無料・無制限で利用できるようになったので、SSLを導入したい方にはかなりおすすめです!

ドメインがずっと無料

普通ならドメイン代も毎年数千円以上かかりますが、エックスサーバーのX20または、X30プランを契約すると、独自ドメインを無料プレゼントしてくれます。

ドメインの取得費用だけでなく、エックスサーバーを使い続けている間は、更新費用もずっと無料でドメインを使い続けることができます。

その他、個人的な評価ポイント

・いろいろなシステム・バージョンに対応OK

フリーのシステムやPHPプログラムなどは、レンタルサーバーの仕様によっては動かない事もあるのですが、エックスサーバーはシステム屋さんからも動作推奨されているだけあって、結構いろいろなプログラムを動かすことができます。

ワードプレスの他にも、baserCMS、Movable Type、Joomlaも動作確認済みとして掲載されていました。(2017年3月現在)

ワードプレスを長く使っていると、PHPやデータベースをバージョンアップする必要も出てくるのですが、エックスサーバーは管理画面から簡単にPHPやMySQLのバージョンを切り替えできるのも便利です。

・セキュリティへの対応が早い

ワードプレス(wordpress)は、世界的に人気があり、無料で誰でも使う事ができるため、そこを狙った“乗っ取り・改ざん”といった犯罪も起こっています。

セキュリティに問題が見つかった時などは、早急にワードプレスのバージョンを更新するなど対策が必要になることもあるのですが、そういった最新情報も、注意喚起メールで教えてくれます。

エックスサーバー以外のレンタルサーバーも使っているのですが、各社からは数日遅れで同様のメールが届いたことから、セキュリティへの配慮という面でも、エックスサーバーは信用できるなと思いました。

値段的にはどうなの? 

エックスサーバーは、最安プランで月額900円〜(税別)となっていて、格安レンタルサーバーに多い価格帯(250円・500円)と比べると少し高めに感じられるかもしれません。

私も初めは安いところでも良いのでは…と思っていたのですが、今は「初心者だからこそ、ちゃんとしたところを選んでおいた方が良い」と思うようになりました。

なぜなら、途中でサーバーを変えるためには、ワードプレスごと引っ越しする作業が必要になるのですが、これがまた大変なんです・・・(アクセス数が多いサイトなら更に気を使います!)

サーバーがアクセスに耐えられなければ、いくら良いサイトを作っても、もろい砂の上に、豪邸立てるのと同じになっちゃう恐れがありますので、

有名サイトを運営されている方々は皆さん同様に「アクセス数増やすつもり、稼ぐつもりでサイトを作るなら、サーバーだけはお金はかけておくべき」だという意見でした。

エックスサーバーの価格と機能まとめ

ワードプレスで、ガンガン集客していく予定なら、、エックスサーバーがおすすめです!

初期費用 3000円(半額キャンペーン有)
無料お試し 10日間
料金プラン X10 … 月額 900円 ~ 
X20 … 月額 1,800円 ~ 
X30 … 月額 3,600円 ~ 
容量 X10 … 200GB
X20 … 300GB
X30 … 400GB
転送量 追加料金なし

【転送量の目安】
X10 … 70G  / 日
X20 … 90G / 日 
X30 … 100G  / 日

ドメイン ドメイン数 … 無制限
サブドメイン … 無制限
MySQL X10 … 50個
X20 … 70個
X30 … 70個
SSL 独自SSL … 無料
サイトシール対応SSL … 年1000円~
支払方法 クレジットカード・銀行振込・ペイジー・コンビニ払い
サポート メール(24時間対応)
電話(平日10:00~18:00)
アクセス解析 あり
自動インストール WordPress、EC-CUBE、XOOPS Cube、PukiWiki
動作確認プログラム wordpress、EC-CUBE、PukiWiki、XOOPS Cube Legacy、concrete5、Joomla、MODX、Movable Type、Drupal、osCommerce、Zen Cart
メールアカウント 全プラン無制限

2つ以上のワードプレスをインストールしたい場合や、1つのサーバーで複数のサイトを運用する使い方にも対応できます。

エックスサーバー“" と同じ会社が運営しているwpXレンタルサーバー」というサーバーもあります。もしワードプレスを1つだけ運用するなら、wpXも便利です。

登録するなら、キャンペーン開催中がチャンス!

エックスサーバーでは、初期費用が50%OFFになるなど、お得なキャンペーンが定期的に開催されています。

その時によってキャンペーン内容は違いますが、期間限定になりますので、タイミングを逃さないように申込むとお得ですよ。

▼エックスサーバー公式サイトで現在のキャンペーン情報をチェックする
http://www.xserver.ne.jp/ “"

 

レンタルサーバー


PAGE TOP