ホームページ 問い合わせフォームの簡単な作り方

ホームページ作成

お問い合わせフォーム

ホームページの中に、お問い合わせフォームを組み込むには、
一般的に、CGIやPHPといった、
WEBプログラムを理解しておく必要があります。

とはいえ、
今からプログラミングの勉強するのは大変ですし、
そんなに頻繁に使う訳でもないのであれば、
せっかく勉強しても、英語と同じですぐに忘れてしまったりします。

ホームページ経由で、問い合わせを受けるために、
問い合わせフォーム(メールフォーム)が欲しい!という事なら
無料で簡単に使えるサービスを利用するのが簡単です。

私も、問い合わせフォームを無料で作成できるサービスを
いろいろ試してみましたが、

その中でも一番カンタンで、使い勝手が良かったのは
フォームメーラーです。

フォームメーラー

パソコンが苦手な60代の方に、このフォームの事を教えたら、
次の日にはお問い合わせフォームを使いこなしていました・・・
予想以上の使いやすさにビックリです。

有料版もありますが、普通にホームページに
問い合わせフォームとアンケートフォームを付ける程度なら
無料版で十分使えます。

このフォームメーラーの便利な所は、
お問い合わせフォームの項目が
マウス操作だけで追加・修正ができる所。

フォームの使い方

HTMLで書くのが面倒な、リストやチェックボックスも、
枠内に項目を書くだけで設定できます。

フォームメーラー2

フォームに入力して下さった方に自動で返信するメールの文章や
入力完了後に表示させる「完了メッセージ」も
管理画面から設定できますし、

デザインもテンプレートから選ぶだけで
簡単に綺麗なお問い合わせフォームが作れます。

フォームメーラーデザイン

あと、便利なのが、
フォームから送ってもらった内容を、
管理画面で一覧で見ることができる点です。

データをCSV形式でダウンロードする事も出来るので、
フォームから送ってもらった内容を、エクセルで管理したい、
といった事も、とてもカンタンにできます。

データ一覧

でも、無料で使えるお問い合わせフォームなら、
広告が邪魔になるのでは・・・と不安になりますよね。

フォームメーラーの広告は
こんな感じで控えめなのも嬉しい所です。

広告

 

お問い合わせフォームが完成したら、
あなたのホームページから、URLへリンクを貼るか、

管理画面に表示される、
埋込コードや、HTMLコードをそのままコピーして、
ホームページに貼り付けるだけで、
お問い合わせフォームページが完成します。

※ただし、無料版は「Shift-JISのみ」なので
ページ内への組み込みの場合は、ご注意ください。

コード生成

携帯電話、スマートフォンにも対応していて、
QRコードも、自動的に生成してくれます。

有料版だと、
決済機能が使えたり、フォームを量産する事も出来ますが、
まずは、無料版で試してみてはいかがでしょうか。