Google Analyticsの読み方|CPC・Organic・Referral・Directとは?

アクセス解析

Google Analytics(グーグルアナリティクス)を使ったアクセス解析で、
どこから、どうやってサイトに人が来ているのかを知りたい時に見る箇所が
「トラフィック」項目内にある「参照元」のデータです。

レポート画面には、
organic」や「referral」といった言葉が並んでいて難しそうに見えますが、
それぞれ言葉の意味を知ることで、
人がどのように行動しているのかが、見えるようになります。

どのページを経由して来たのかを知る

データは「yahoo / organic」という組み合わせで表示されます。
左側に表示される、yahoo、Google、bing という部分が、検索エンジン名を表しています。

「facebook.com / referral」のように、
左側にドメイン名が表示されている場合は、
そのドメインのサイトに掲載されているリンクを経由して人が来たことになります。

(direct) と表示されているのは、
別のサイトを介さずに直接訪問してきたアクセス、ということです。

ブックマーク(お気に入り)や、URLを直接入力した場合、
メール内のURLをクリックした場合などが、directとなります。

どんなリンクを辿ってきたのかを知る

次は、右側に表示されている情報を見てみましょう。

organic(オーガニック)とは、検索エンジン経由で訪れた人です。
検索サイトで、キーワードを入力して検索を行い、
検索結果に表示された(広告以外の)リンクをたどって来た、ということになります。

例えば「yahoo / organic」ならば、
「yahoo」を使って検索した人がサイトを訪れた、という意味になります。

cpc( Cost Per Click )とは、
Googleアドワーズやyahooリスティングなど
有料で出稿している広告をクリックして、サイトを訪れた人です。

referral(リファラル)とは、
「参照・紹介」という意味で、別のサイトからのリンクを辿ってきた人です。

例えば、Aさんのブログが、あなたのサイトを紹介する記事を書いて、
リンクを貼ってくれたとします。
そのリンクをクリックして、あなたのサイトを人が訪れると、
「ブログURL/referral」と表示されます。

例)
google / cpc  ←googleアドワーズ広告を辿ってきてくれた
rakuten / organic ←楽天ツールバーなどの検索機能で検索して来てくれた
(direct) / (none) ←お気に入りや、メルマガから来てくれた
blog.livedoor.jp / referral ←ライブドアブログの記事リンクから来てくれた

さらに、
どんなキーワードで検索されたのか、
見てくれた人の滞在時間はどうだったか、
など深く掘り下げていくことで、
単なるデータではなく「人の動き」が見えてきます。

Google Analyticsは、細かい部分まで解析できる、とても便利なアクセス解析ツールです。

解析できる項目もかなり多いので、
基本を押さえた本を、辞書がわりに一冊持っておくと便利です。


無料でできる!世界一やさしいGoogle Analytics●アクセス解析●入門

Google Analyticsで集客・売上をアップする方法

Googleアナリティクス基礎講座 (得する<コレだけ! >技)